やっぱり苦手作業

公募用原稿が終わりましてサイト用の原稿に着手し始めたわけですが。
以前書いたお話の続編なので新作書くより頭を使います。
※新作は新しいこと考えるのが楽しいし、新しいことをバンバン取り入れられるので自由度が高い。

続編は元にあるキャラクター&お話から広がるので、これ前やったなぁとかそういうのが出てくるんですよね。
なにせ私は想像力もボキャブラリーも貧困なタイプ。
先にあるお話が面白いと思ってもらえたからこそ、続きが読みたいという声をいただいた訳なので。
前回と同様もしくは前回を上回るドキドキ感が必要。
ね、ここでもうハードルが高いでしょう?
頭を悩ませるわけですよ。

そしてタイトルの件なんですが、私はプロットを作るのがとっても苦手。
元々脳内プロットタイプだった私は、文字を打ち出しながらプロットを作るようになったのはここ一、二年ほど。
この書き出し作業が、……集中力が家出するんですよ(;゚ロ゚)
脳内でじっくり時間をかけて考える派だった私が、いきなり書き出ししようとしても思うようにまとまらないわけです。
でもこうやって書き出したほうが執筆中に迷子にならない、起承転結にメリハリが出るのは実感済。
そもそも公募の原稿を書くのにプロットをしっかりまとめないと文字数に収まりませんしね。

で、す、が、苦手なものは苦手💦
なかなか進まず、結局は頭で考えてエピソードをシャッフルし始める始末。
ええ、はっきり言うと書き出す作業すら面倒くさい!!
もういますすぐにでも書きたいんだよ私はー!!!っていう気分です。
プロッターでもパンツァーでもお話書けさえすればいいと思うんですけどね。
やっぱり書き出したほうが話の全体図が見えるので、苦手ながらもちびちび頑張っているのでした。

ああ、早く文章が、お話が書きたい。